専業主婦が総量規制の中でキャッシングする方法

キャッシングを利用する人にとってはすっかりお馴染みの言葉になった総量規制ですが、施行されたのは2010年ですから、まだ新しい制度です。これから借入をしようという主婦の方の中には、知らない人もいるかもしれません。自身にまったく収入がない専業主婦の人でも、お金を借りる方法がないわけではありません。条件を満たせば借りることは可能ですので、基本的なポイントを抑えておきましょう。
まず、自身に収入がなくて、配偶者にも借入を内緒にしたい場合、総量規制の対象となる消費者金融でお金を借りることはできません。銀行のキャッシングを利用しましょう。配偶者の同意がなくて借りられる大手銀行がいくつかあります。もちろん配偶者の所得証明書類も不要です。但し、本人に充分な返済能力があるとはみなされないため、大金を借りることはできません。多くても30万円程度までと思っておきましょう。
配偶者の同意が得られる場合、配偶者貸付け制度を利用して配偶者の年収の3分の1までなら借りることができます。専業主婦はもちろんのこと、わずかなパート収入しかない主婦の人がまとまったお金を借りたい時にも有効です。夫婦でセットと見てもらえるため、仮に夫が300万円、妻が60万円の年収であれば、120万円まで妻の名前で借りることができます。但し、夫の同意書が必要です。夫が同意するなら夫の名前で借りれば良い、ということもあり、配偶者貸付け制度を導入している金融機関はあまりありません。