未成年でも借りれる金融商品はキャッシング

法律上、金銭の貸し借りに年齢制限はありません。しかし未成年者は保護される対象なので保護者の介入などを受けることなり、ややこしい為、各金融会社では原則として20歳以上の成人にしか融資していません。
しかし法律上での規制はないということで、一部では未成年者にお金を貸す会社も存在します。それが消費者金融が提供するキャッシングです。
キャッシングは、安定して継続的な収入を得ている18歳から(原則では20歳)を対象とした小口融資です。18歳以上に融資可能としている会社なら、社会人はもちろんのこと学生でも利用ができます。
収入源はアルバイトで得たお金でも構いませんが、逆に言えば学生でも全くの無職ではお金を借りることができません。また、最低でも同じ職場に半年以上は勤務している必要があります。
さらに、未成年がキャッシングの申込みをする時には社会人であろうと保護者の同意が必要です。というのも、未成年者が貸付を受ける際、保護者の同意なしにした契約は法律で無効にすることができます。つまり、手続き次第では借りたお金を返さなくてもいいということです。
そうしたリスクをなくすため、キャッシング会社は必ず保護者の同意を求めてくるでしょう。仮に同意が必要ないとするキャッシングは闇金の可能性が高いので危険です。
これらを踏まえて、まずは保護者に相談することにしてください。親の管理・監視を受けながらお金の使い方を学んでいきましょう。